つわりの対処法

辛いつわりの対処法や改善方法などご紹介します!

つわりがない人の共通点!赤ちゃんの性別や血液型が関係しているの?

妊娠初期症状と言われているつわりがないと心配になることもありますよね。つわりがない場合は、授かった赤ちゃんが影響しているのかもと思っていませんか。

赤ちゃんの性別や血液型が関係してつわりがないという説について紹介します。またつわりがない妊婦さんの共通点についてもお伝えしていきますね。

 

つわりがないのは赤ちゃんの血液型が関係しているの?

f:id:ai202001:20170502132907j:plain

つわりがひどい場合、赤ちゃんとママの血液型が異なることが多いという説があります。血液型が違うと、ママの身体は赤ちゃんを異物として判断してしまうからです。

ただし、血液型が同じかどうかは、生まれてから数年経たないと判断が難しい現状です。生まれたばかりの赤ちゃんの血液型は定まっていないことが多く、例えば新生児の時にO型と言われていても、大きくなって検査するとB型だったという事も十分あるお話です。

また何人も産んでみないと血液型が異なるからと言って、つわりが酷い、つわりがないという事を検証しにくいという事実がありますよね。そのためこの説も「確実にそう!」と言えるものではなく、あくまで仮説のようです。

 

つわりがないのは赤ちゃんの性別が関係しているの?

f:id:ai202001:20170502132941j:plain

つわりの症状で授かった赤ちゃんの性別がわかるという説もあります。つわりが軽ければ男の子、つわりがひどければ女の子といった話ですね。

しかし、この説はあくまでも噂で科学的根拠は特にありません。

 

その他、つわりの症状で男女を見極められると言われる説もあります。食べ物を食べると気持ちが悪い吐きづわりが多いと感じている妊婦さんは、女の子、何か食べていないと気持ちが悪い食べづわりを起こしている妊婦さんは男の子を授かっているというお話も。

 

また、つわりや妊娠初期の期間中に甘いものが無性に食べたいと感じる場合は、女の子、油ものの唐揚げなどを食べたいと感じたら男の子というお話もあるほどです。

 

性別はどちらかな、と妊娠初期~中期にかけて、大変気になるポイントですよね。しかし、まだ科学的根拠は証明されていませんので、赤ちゃんの性別説はあくまで参考として覚えておいてください。

 

つわりがない人に共通点はあるの?

つわりや妊娠初期症状を感じなかった妊婦さんには、ある共通点があることが分かっています。

まず、ストレス発散方法を自分自身が理解しており、ホルモンバランスの変化に対応できる耐性を持っている場合、イライラしたり涙もろくなったりしないようです。

そして胃腸が強い方は、つわりの症状が出にくいと言われています。胃腸は自律神経と密接な関係にあり、ストレスを感じても胃腸が弱くなる人がいるほどです。自律神経が乱れにくく、胃腸が強い方は、気持ち悪い症状に悩まされにくいということですね。

 

そして自律神経は、冷え性に悩まされる方に関連しています。慢性的な冷え性の方より冷え性になったことがない妊婦さんの方が、つわりの症状がなかったり、軽かったりするようです。

 

さらに、スポーツや運動で心身を定期的に鍛えている人も対象です。スポーツをすることで体温が上昇し、また心も鍛えられますよね。心身に対するストレスに耐性を持っている事が影響していると考えられています。

ストレスに関連してストレス耐性がありポジティブ思考の方もつわりの症状が比較的軽いことが多いと言われています。

 

まとめ

つわりの症状は赤ちゃんの血液型や性別で変化がないといは言い切れません。もちろんあるとも言えず、ただの噂と考えるほうが今の時点では良いでしょう。

噂が本当であったか自分の症状を考えて妊娠期間を楽しく赤ちゃんの性別をあてっこしてもいいかもしれません。マタニティライフを少しでも楽しく過ごす話題の一つとして考えるのが良いですね。